未設定
悩むとは、物事を複雑にしていく行為である。 
考えるとは、物事をシンプルにしていく行為である。 

みなさんご存知の通り、「自己都合」で退職、つまり、自分のほうから退職届を会社に出して辞めると、失業給付が出るまで3ヶ月間待たなければなりません。さらに、いわゆる自分に重大な責任があって解雇された、重責解雇の場合も、3か月の給付制限があります。

しかし、自分から退職届を出して辞めても、職業安定所で「正当な理由」であると認められると、3か月待たずに失業給付がもらえます。さらに、失業給付をもらえる資格があるかどうかについても、ふつうは2年間のうち12か月以上資格期間が必要なところ、1年のうち、6か月の資格期間でOKとなります。つまり、最短6か月、月に11日以上勤務している日があれば、失業給付がもらえるということです。

これを「特定受給資格者」といい、この範囲が、この4月から拡大しているのです。

特定受給資格者の要件は、書ききれないほどたくさんありますので、くわしくはこちらを見てください。あなたもあてはまるものがあるかもしれません。

「正当な理由」と認められる範囲の拡大

変更点は、次の2点です。

賃金の支払いが遅れた場合

改正前

賃金の額の3分の1以上が、支払日までに出なかった月が、引き続き2か月以上あった。

改正後

上記に加えて、辞める直前6か月間のうち、3か月以上、賃金の額の3分の1以上が支払日までに出なかった。

長時間労働があった場合

改正前

辞める直前3ヶ月間すべて、45時間を超える時間外労働があった。

改正後
  1. 辞める直前6ヶ月のうち、連続した3か月以上の期間で45時間を超える時間外労働があった。
  2. 辞める直前6ヶ月のうち、1ヶ月だけでも100時間を超える時間外労働があった。
  3. 辞める直前6ヶ月のうち、連続した2か月以上の期間で、平均して月80時間を超える時間外労働があった。

「正当な理由」と認められ、特定受給資格者になれる、つまり、失業給付をもらうまで3か月待たなくてよい人の範囲が、このように拡大しています。

あまりの長時間労働で、もうだめだ、これは仕事を辞めないと倒れる、と思っている方には、失業中の生活の心配が少しだけ減る改正ですね。

今から千年ばかり前の宋の時代に、中国の学者が、今述べたのと同じなりゆきに陥ったことがある。社会正義のための道徳を主張したのはいいのだが、現実に立脚したうえで「物事はこのような順序で、こう進んでいくべきだ」といった考えの道筋をとらなかった。
 逆に、頭でっかちの理論を振りかざし、利益を摑むことを否定してかかったのだ。その結果、人々の元気がなくなり、国家も衰えて弱くなってしまった。ついにはモンゴルに攻め込まれてしまい、内部の混乱も続いて、とうとう元というモンゴル人の王朝をたてられ、統一される羽目となった。宋時代末期におきた、これは悲劇に外ならない。
 このように現実に立脚しない道徳は、国の元気を失わせ、モノの生産力を低くし、最後には国を滅亡させてしまう。だから、社会のためになる道徳といっても、一歩間違えれば国を滅ぼすもとになることを、頭に入れておかなければならない。
ペペロンチーノは、にんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで熱し、茹でたパスタを絡めただけの、ごくシンプルな料理。パスタの基本中の基本と言っていいだろう。普通、パスタのレシピ本といえば、オイル系、トマトソース系、クリームソース系、ミートソース系、冷製……などと、さまざまなバリエーションを紹介するものがほとんどだと思う。しかし本書の著書・土屋敦は、それとは真逆のベクトルに突っ走る。そうして完成したのが「たったひとつの料理に14万字を費やした世界一長いレシピ本」――つまり本書は、まるまる1冊、ペペロンチーノについて「だけ」書かれた、じつに偏執狂的なレシピ本なのである。

ぺペロンチーノは、チーズやアンチョビといった、パスタ料理によく使われる旨みやコクを出す食材を一切使わない。「書斎派パスタ求道者」を自称する土屋は、ぺペロンチーノを「食材を最低限にしぼり込んだうえで、味をどこまで極めていくか。いわば『引き算』の料理」と定義付ける。求道者にふさわしく、ひじょうにストイックな料理だと言える。しかし一方で、どこででも簡単に手に入る食材を使って、安価に、短時間で調理できるため、初心者にもハードルが低く、パスタの入門編という側面もある。

なんにせよ、材料もごくわずか、作る行程も数行で説明できる料理で1冊もつのか?という疑念が生じるかもしれない。しかし、それは杞憂である。通読して分かるのは、読み物としての体裁を整えるために「新書1冊にまとめた」のが本書であり、実際にはこれを遥かに越えるトライアルアンドエラーがあったということ。さらに、時間や紙幅の制限さえなければ、さらに延々と実験を繰り返していたに違いなく、新書1冊どころか、長編小説1冊分くらい軽くいっていたかもしれないのだ。
自分のやりたいことを、自分のやりたい時間に、自分のやりたい人たちと一緒に、やりたいようにやれることこそ「真の自由」です。
「NO NUKES! NO ABE!」のプラカードを持ったオッサン達がデモ帰りなのか山手線に乗ってきて「やっぱり電車の中は涼しくていいなぁ~」と言いながら、自分たちの活動の映像をスマホ開いてチェックしてたのでロックだなって思いました。

このことがわかっていれば、後は簡単。

すべては「縁起」によって生じているだから、どのようなものにも、「自性」はない。つまり、「空」なのだ。(「縁起」とは「他のものとの関係性によって起こる」ということ。)

人間に「自性」がないのであれば、その実体のない「我」が一体何を所有できるのだろう。

私たちは様々なものに執着して暮らしている。金、家、土地、知識、家族、愛情、、....。これらにも同様に実体はない。実体のない人間が、実体のない「もの」を追い求めるところから、すべての悩みは起きる。

しかし、先にも言ったように、これらを無理に捨てたところで何もおきない。「有」への執着が、「無」への執着に変わっただけで、実際には同じことにすぎない。何かを捨てなければならないなどと思っていると、それは結局、新たな執着が発生しているにすぎない。

むさぼることは意味がないが、自分に取って必要だと思うことは、そのまま受け入れておけばよい。自分が何かを欲するのなら、それはそれで意味があるに違いない。花が咲くためには、花は水や光を求める。それは執着ではない。花にとって必要なものなのだ。

金もあればあったでよいし、なければなくてもよい。すべては、「阿弥陀様のお計らい」だと思っておれば何が起きてもバタバタしなくて済む。

実際、一人の人間が生きて行くとき、自分で決められることなど何もない。もし縁があればそれが実現するだろうし、縁がなければそれは自分のところにやってこない。
縁も時節の中で移り変わる。すべては諸行無常と時節因縁で動いている。

(via usaginobike)
都会にあるランチ無料企業は社畜を育てるため


1. そこにいること


その瞬間に自分をきちんとおくということは、何もヨガやグレイトフル・デッドのコンサートだけで言われることではありません。他者の話を聞こうとするためには自分自身の意識をその話し手に真剣に集中させることです。

集中力を乱すものは全て取り払いましょう。その聞き手に、注意を向けましょう。スマートフォンは一旦おいて、パソコンの画面も電源を切る、本や雑誌を置いて、それから話し手の方には中立的な、あるいは感じの良い表情で接しましょう。

大半の人は、聞き手は半分くらいしか意識を向けてくれていないというのはわかっているので、この仕草をするだけでも話し手は、特別扱いされた気分になります。また、自分自分も聞き手として、相手の話を聴く準備が整います。


2. 自分の内面から湧き上がる考えや意見を抑える


いかなる会話においても、内的な分析は必要不可避なものですが、それは往々にして客観的ではなくなります。その声は、話し手の話が聞こえなくなってしまうほどあなたの頭の中に響き渡り、最終的に自分の批判的な意見で頭を埋め尽くしてしまうのです。

会話の後で、何を聞き取ったのかを振り返る時間はたくさんあるので、まずは話を最後まで聞いてみましょう。自分の内面から湧き上がる考えや意見を沈めるテクニックは単純にメモを取るということです。一言一句、キーワードや短い文章を書くことで入ってくる情報を吸収できます。そして話し手が去った後にそれを消化することができるのです。

もうひとつの利点として、話し手が何を言ったか正確に記録できるので、後でディスカッションなどをする時に便利です。


3. 相手の話を復唱する


これは精神科医やカウンセラーが対立を緩和させるのに役立つテクニックとして推奨しています。機会があれば、声に出して、その話し手からどんな話を聞いたのか言葉にしてみると良いでしょう。

自分自身の言葉に噛み砕いても構いません。でも必ず最後には確認事項として、「それでは、あなたが一番心配していることは新入社員のトレーニングが不十分であるということ。間違いありませんか?」と聞いて話を終えることです。話し手はそうすることによってあなたがきちんと自分の話を傾聴してくれたことを察知できるのです。


4. 解説してもらう


会話中に興味を持った内容で、さらに掘り下げて理解したいと思ったことを聞いてみましょう。話し手の気持ちを大事にしながら、「なぜそのことにあなたは興味があるのですか?」とか「なぜそれが重要だと思うのですか?」といったように要点をより掘り下げてわかりやすく話してもらいましょう。

話し手はそのような遮り方には不快感を示しませんし、あなたもその話し手の人となりや自分自身が知りえた情報に対してどのような考え方を持っているかをより深く理解することができるのです。


5. フォローアップを講じる


どのような会話においても、何らかのステップを踏む必要があるかどうかを話し合って決めましょう。このような確認方法は、話し手が話してくれた内容の中でどのような点にあなたが引っかかっているかを認識してもらい、あなたがより理解を深めるために必要だと思っている内容が何であるかを聞き手自身に判断してもらう有効な手段です。

聞き手が話してくれたことに感謝し、そしてその会話から得られた内容が価値のあるものであったことを伝えましょう。聞き手が本当に聞いてもらえてよかったという気持ちになるのと引き換えに、あなたが大切だと考える話を伝えるときには彼らも誠心誠意あなたの話に耳を傾けることでしょう。

あなたの受けとる給料や福利厚生は、会社の好意のようなものではなく、単にあなたが生みだすものの価格なのです。